mv

フランチャイズ経営で本部設立のために儲かる仕組みの確立

フランチャイズシステムは、チェーン展開を加速させるよいシステムで、
店舗数が増えることによるスケールメリット、ブランド認知力、狭小力が
高まり、IPOの可能性やリスク分散にもつながります。 フランチャイズ経営をすることで、短時間で会社を大きくすることができます。

フランチャイズ本部を立ち上げるには、まず自らの事業が成功していることが大前提となります。 標準のモデルの構築、モデルの検証とノウハウ化、
フランチャイズ展開戦略の構築する必要があります。 事業が好調な場合
でも、場所や店舗等の要因が異なります。あらゆる面から標準モデルとなる形を数値化します。 このようにしたら、儲かるという仕組みを構築する必要があります。

次に標準モデルと異なる条件、場所や客層、内容等でも成功するかどうか
検証します。 立地条件の異なる場所で、出店することが増えますので、
異なる商圏における事業展開も視野に入れておく必要があります。
立地ノウハウが、後々フランチャイズ加盟店とのクレームになりやすい
ため、きちんと検証しておく必要があります。
どのようにフランチャイズ事業を展開していくのか、ビジョンを描いておく必要があります。 地域集中型で行くのか、全国展開を目指すのかにより、
経営戦略も異なってきます。

フランチャイズ事業は、一度構築してしまえば完成というものではありま
せん。 市場の変化に対応していくことも重要ですし、成長し続ける仕組み
作りが重要となります。

img フランチャイズ開業が失敗する本当の理由 開業ジャーナリストが業界の真実をお伝えします。

-->