mv

フランチャイズ経営で儲けるためにオーナーがすべきこと

img フランチャイズ経営で「10」の失敗理由

ランチャイズの大手企業では本部であるフランチャイザーと加盟店である
フランチャイジーが存在し、各々が相手の立場を利用して儲けを出す
ビジネスモデルです。
フランチャイザーは新たな加盟店を獲得することで事業を拡大し、直営店舗と違い、経営に掛かってくるもろもろのリスクをフランチャイズオーナーに分散することが出来るため、 リスクヘッジ経営が出来る利点があります。

逆にフランチャイズオーナーは、本部事業の商標権や知的財産権の利用に
対する対価を支払う条件で、投資にかかる資金の提供を一定額受ける点が
利点です。 各々の目的は互いの良い所を利用して経営が出来る点がメリットですが、本部側は新規でフランチャイズ店舗を開店するのに大きな負担を
するため、 フランチャイズオーナーに対して徹底した教育プログラムのもと指導してゆきます。

ただ、そこで問題となる点はフランチャイザーよりもフランチャイズ
オーナー側の意識です。 本部は、加盟店を増やすことで事業を拡大しているため、その分投資をし続けるため、当然のことながら相手をよく調べた上でパートナーとして適しているかを判断します。
加盟店側もそれに答えるべく、売り上げ拡大を狙わなければいけません。
募集する側と加盟する側の考え方が一つになっていなくては絶対に成功
しません。 本部は止むを得ず、経営状態や態度の悪い店舗の閉鎖や契約打ち切りをすることもあります。
フランチャイズ経営で儲けるためにすべきことは、本部に頼ることばかり
ではなくオーナー側の意識と最大限の努力が必要です。

-->