mv

本部の経営不振が失敗理由となるフランチャイズ経営

フランチャイズを始める時に最も大切なポイントとなるのが、健全な経営ができている本部を選ぶ事です。 フランチャイズ経営の失敗理由の中でも多くなっているのが、本部の経営不振からくるものです。 フランチャイズ経営で成功の鍵を握るのは、確率されたビジネスモデルと、長年の経験からくる
経営指導などのサポート体制です。
これがフランチャイズの最大の特徴でもあり、メリットでもあります。

基本的に自分の考え方や、経営方法で運営できないことがフランチャイズ
ですから、経営がしっかりしたところを選ばなくては、自分の経営にも
大きな影響を与えてしまいます。
経営不振からくる失敗理由では、ビジネスモデルの確立が不十分であったり、サポート体制を不用と考える運営方針から起こりやすくなります。
技術指導や経営指導などのサポート体制は、加盟者だけにメリットがある
訳ではありません。

フランチャイズ経営で本部の利益となるのは、毎月納められるロイヤリティになります。 多くのロイヤリティを求める場合、当然加盟者の活性化と成功が重要な部分になります。
この考え方をおろそかにしては、どちらにも成功はありません。
ですから加盟するフランチャイズを選ぶ時には、サポート体制やビジネス
モデルがしっかりと確立されているか、十分に検討する必要があるのです。 自分の考えで運営できない事がフランチャイズの特徴ですから、ビジネス
モデルを提供する側に経営不振や、体制の甘さがあっては成功に近づく事も難しくなります。

img 本当の学習塾経営失敗の原因は? 詳細はこちら »

-->